浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

相続又は遺贈により財産を取得した者が、被相続人の一親等の血族(代襲相続人を含む)及び配偶者以外の者である場合には、その者の相続税額は相続税額にその相続税額の20%の金額を加算した金額となります。 ただし、一親等の血族には孫養子は含まれません。(代襲相続人となっている場合は除かれます。

相続税額の二割加算対象者

・兄弟姉妹

・孫(代襲相続人除く)

・長男の妻

相続税の申告:関連項目

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。