浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

遺産分割の手続きにおけるトラブル

遺産分割に関わる悩み・問題は、それに直面した方の状況によって、様々なものがあります。 中でも次のような状況は、当事務所のご相談でも比較的頻繁に聞くお悩みとなっております。

  • 故人の銀行口座や財産の情報を握っている相続人の一人が、情報の開示を拒んでいる
  • 遺産の大半が不動産(土地・建物)で、分割しづらい。公平に分割することが難しい
  • 相続財産の中に金融資産や不動産の資産の他、借金などの負の財産も複数あり、なかなか整理ができない
  • 故人が死亡する前に、ある相続人に多額の贈与をしていた
  • 法律的に何の権利も持たない親族が、遺産相続に口を出す
  • 相続人の中に、後妻、非嫡出子、養子など、面識の薄い(ない)人がいる
  • 自分勝手な遺産分割の割合を頑固に主張する相続人がいて、話し合いが進まない
  • 財産が多額で、遺産分割後に相続税が発生することがわかったが、その分け方の話し合いがまとまらない

遺産分割に関わる悩み・問題は様々なものがあります。また、法律や人間関係など非常に複雑でデリケートなものでもあります。

こうした問題に直面すると、どうしても感情的になってしまうものですが、それでは話を解決することはできません。一度冷静に状況を考え、判断することが大切です。

遺産分割における問題の解決方法

複雑な遺産分割における問題の解決を目指すため、次のような方法が考えられます。

話し合いを通じて協議分割を目指す

  • まずは法定相続人や法定相続分、相続関係を明確にする(相続人調査)
  • 相続財産を調査(財産調査)して目録を作成し、協議分割の際はすべての目録を並べて遺産分割協議を行う。

まずは相続関係図を作成し、相続人が誰なのかを明確にします。 そして財産を丁寧に調査していき、財産目録を作成して遺産の全体像をはっきりさせます。

これらに必要な書類の収集は、行政書士が書類作成業務としてお手伝いすることができます。 ※ただし事由がどのようなものであっても、行政書士がご相談者様に代わって交渉などや代理行為を行うことはできません。

家庭裁判所を通じて法的な解決を目指す

  • 相続人同士の話し合いで解決ができないので、家庭裁判所の調停員に間に入ってもらって解決を目指す
  • 直接相手方と話したくないので、代理として弁護士に間に入ってもらい、解決を目指す

弁護士の先生にご相談いただくことが望ましいと思われます。 当事務所へお問合せいただければ、協力先の信頼できる弁護士の先生をご紹介させていただくことも可能です。

※弁護士の先生にご相談いただく場合、有料相談となる場合もございますので、予めご了承ください。

こうした相続に関する問題は、時間が経てば経つほど話がこじれ、解決が難しくなってしまうものです。できるだけ早期に専門家にご相談いただくことをお勧めいたします。 協議分割を目指す場合、手続き等のご相談は当事務所にご相談ください。 裁判所や代理人を依頼して、問題解決を目指す場合は弁護士の先生にご相談ください。

手続きが進まないが、協議分割を目指したい場合

親族間の関係を悪くすることは誰も望まないことですし、さらに高額の費用をかけてまで、裁判で何年も争うこともしたくはないでしょう。 そのようなことにならないために、丁寧に相続手続きを進めていただき、まずは協議分割を目指すことをおすすめいたします。

遺産分割協議書の作成:関連項目

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。