浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

成年後見制度について

成年後見制度は判断能力が充分でない方(認知症、知的障害、精神障害)を支援・保護する制度です。

成年後見制度は、下記の2種類があります。

  • 判断能力が衰える前に、自分であらかじめ後見人を選び公証役場で契約しておく任意後見制度
  • 判断能力が衰えてしまった後、裁判所が後見人等を選任する法定後見制度

【任意後見制度】

将来に備え、本人の判断能力が衰える前に、「任意後見人」となる人を選任し、契約しておきます。
任意後見人となる人と本人の契約は、公正証書でしなくてはなりません。
任意後見人の効力の発生は、本人の判断能力に衰えが現れたとき、家庭裁判所に申立てを行い、「任意後見監督人」が選任されてからとなります。
任意後見監督人は、任意後見人の監督を行う人です。

【法定後見制度】

本人の判断能力が低い順に「後見」、「保佐」、「補助」の3つにわかれます。
これらの診断が下りると、法律的な判断が難しいものとみなされ、本人が個別の契約などを結ぶことは出来なくなります。
これにより選任される者も、それぞれ「後見人」、「保佐人」、「補助人」となります。

成年後見制度によって、後見人が本人の代わりに契約を締結したり、本人のした不利益な契約を取り消したりする権限を持つことができます。

委任後見:関連項目

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。