浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

未成年者は遺産分割協議に参加することはできません。 相続人に未成年者がいる場合、下記の2つの方法から、どちらかを選ぶことになります。

  • 未成年者が成年するまで待ち、遺産分割協議を行う
  • 未成年者の代理人をたて、遺産分割協議を行う

代理人をたてる場合、一般的には、未成年者の代理人は親がなることが多いのですが、親も子も両方とも相続人となることは非常に多く、この場合、親が子供の代理人となることはできません。 親も子も相続人という状況は、親と子供の利益が相反することになるためです。 これは子供の財産・権利を、親が脅かさないようにするため、法律で定められていることです。

また、子供だけが相続人となる場合でも、数人の子供の代理人に、一人の親がなることはできません。 このような場合には、家庭裁判所に特別代理人の選任を申し立て、各未成年者に対し特別代理人を選任します。

手続きが進まないが、協議分割を目指したい場合

親族間の関係を悪くすることは誰も望まないことですし、さらに高額の費用をかけてまで、裁判で何年も争うこともしたくはないでしょう。

そのようなことにならないために、丁寧に相続手続きを進めていただき、まずは協議分割を目指すことをおすすめいたします。

遺産分割:関連項目

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。