浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

遺産分割の方法には大きく分けて現物分割、代償分割、換価分割という3つの方法があります。 どのような場合(法定相続またはその他)でも、この3つが遺産分割の際の基本的な方法となります。下記よりこれらを順にご説明いたします。

現物分割

現物分割とは、財産1つ1つについて、どの相続人が相続するかを決める方法です。 現物分割は、遺産分割で一番多く取られる方法です。

例えば、『親の住居である名古屋の土地・建物は、長男が相続する。親の名義の東京の土地・建物は次男が相続する。預貯金は、長女が相続する』というように、遺産そのものを現物でわけていく方法です。

しかしこの方法では、各相続人の相続分を正確に分けることは困難です。そこで、次にご説明する代償分割などで補完されることが多くなります。

代償分割

代償分割とは、ある相続人が、特定の財産(現物)を相続する代償として、他の相続人に金銭などを渡す方法です。 分割が困難な財産がある場合に有効な方法です。

例えば、『親の会社の資産である株式や、店舗などの不動産(土地・建物)を長男が相続し、その代わりに、次男は長男から代償金(4,000万円)を受け取る』というように、財産をわけます。

上記の例のように、会社などを相続する際に多く取られる方法です。会社を単純に相続分の割合に応じて分割してしまうと、帳簿や事業に支障が出て、会社の存続そのものが危うくなってしまいかねません。

換価分割

換価分割とは、相続財産である不動産(土地・建物)などを売却してお金に換えてから、財産を分ける方法です。

分割すると価値が下がってしまう土地などが相続財産にある場合は、こういった方法で分割を行うことがあります。 この場合、遺産を処分することになりますから、処分費用や譲渡取得税などを含めて考える必要があります

手続きが進まないが、協議分割を目指したい場合

親族間の関係を悪くすることは誰も望まないことですし、さらに高額の費用をかけてまで、裁判で何年も争うこともしたくはないでしょう。

そのようなことにならないために、丁寧に相続手続きを進めていただき、まずは協議分割を目指すことをおすすめいたします。

遺産分割:関連項目

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。