浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

相続において、兄弟の間で遺産分割が進まない方も少なくないようです。

ある相続に詳しい顧問の先生の話では、遺産相続のうちの5~10%くらいは、遺産分割について兄弟の間で何かしらの問題が起こる、との情報もあるほどです。(ただし、正確に統計データを取った訳ではありません)

兄弟の間で遺産分割が進まない方のご相談や悩みは、主に次のような状況が多いようです。

預貯金や保険金など、相続財産に関する情報を開示してくれない

これは、兄弟や親族間で遺産相続が進まない、典型的な事案と言えます。 被相続人の生前に、被相続人の介護などをしていた相続人のひとりが、通帳などの財産を管理しており、預貯金や保険金などの相続財産の全貌を開示することを拒むことがあります。 こうした場合、財産を管理していた相続人が、介護や葬儀の費用以外に、私的に財産を使い込んでしまっている事も多く、そのような理由から財産を開示したがらないのです

遺産相続に関する方針が相続人間で、まとまらない

これも非常に多い事案と言えます。 方針がまとまらない場合、相続財産の財産調査が不十分であることが多くの原因です。 財産の全体像がはっきりしていないと、「おそらく相続財産はこれくらいあるはず」という、お互い憶測での議論になってしまうため、話が進まないのです。

どちらの場合も、まず始めに検討していただきたい事は、財産調査です

私ども専門家は、専門的な手続きを通じて大半の財産を調査し明らかにさせることが可能です。 上記のような場合のお手伝いとしては、まずはじめに、故人様が亡くなった日(相続開始の日)における、残高証明書を金融機関から取り寄せることによって、相続財産の総額を明確にして話し合いのテーブルを設けるお手伝いができます。ぜひ一度ご相談ください。

手続きが進まないが、協議分割を目指したい場合

親族間の関係を悪くすることは誰も望まないことですし、さらに高額の費用をかけてまで、裁判で何年も争うこともしたくはないでしょう。

そのようなことにならないために、丁寧に相続手続きを進めていただき、まずは協議分割を目指すことをおすすめいたします。

遺産分割:関連項目

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。