浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

財産調査について

財産調査は、遺言書の作成時に見過ごしてしまうことが多いようです。

遺言書を開封(検認)してみると、財産の記載にモレがあるため、記載されていない財産について、どうやって配分するか、協議になることがあります。
こういった場合、一般的に法定分割に沿って配分されることが多いのですが、遺言者の本当の意思を知ることは、誰にもできません。

遺言作成時には、きちんと財産調査を行いましょう。

遺言作成時に注意すべき点と財産調査

生命保険金の受取人の確認

生命保険は、受取人によっては相続財産になります。また、相続税の対象にもなります。
相続財産と、みなし相続財産のバランスを確認する必要があります。

不動産評価の確認

  • 実際の価値の確認
  • 収益物件になるかどうかの確認
  • 相続人にとって価値があるものかどうか
  • 売却できるのか、また、売却しやすいような措置ができるか
  • 権利関係のある土地ではないか(抵当権、定期借地権、底地権など)
  • 扱いづらい土地ではないか(農地・生産緑地など)

財産の種類と総額の確認

  • 残高を金融機関ごとに確認
  • 株式や金融資産の評価の確認
  • 財産の総額の確認

税金対策の確認

  • 相続税と納税資金の対策
  • 事前に土地を売却しやすくしておく
  • 固定資産税を考慮した分割の割合

財産調査は、遺言の目的を実現するために大変重要なものです。より効果的な遺言作成ために、事前にしっかりと財産調査を行い、遺言の作成にご活用いただくことをお勧めいたします。 財産調査ついて、まずは、お気軽にご相談ください。

遺言書の作成:関連項目

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。