浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

遺言書の活用のポイント

これまでのご説明で、遺言書がどういうものかだいたいの概要を把握していただけたかと思います。
このページでは、実際の事例をもとに、遺言の効力についてご紹介いたします。

遺言に遺産分割が指定されていた為、
相続財産がほとんど受け取れなかった

お母様を亡くしたばかりの紀夫さん(仮名)は2人兄弟の次男です。
ですが、兄弟がまだ幼いうちに、両親が弘子さん(仮名)を養子にしたため、兄弟3人で育ちました。
お父様はすでに亡くなっており、お母様が残した遺産は、3,000万ほどの不動産と、1,500万ほどの預金がありました。

葬儀を終えてから一週間ほど経ったとき、お母様と同居して面倒を見ていた弘子さんから連絡があり、「遺言書が見つかったので、遺言の執行を遺言に書かれている行政書士に任せた」という内容を伝えられました。

紀夫さんはお母様が遺言を残したことを意外に思いましたが、最後まで母の面倒を見ていた弘子さんから遺言の話が出てきたことに僅かながら不信感を持ちました。

お母様の遺言は公正証書で作成されていました。
そしてその内容は、「不動産(家)は弘子さんに、葬祭費用などは預貯金から出し、残った預貯金の7割を弘子さんに、残りの3割は兄弟二人で分けるように」というものでした。

この遺言により、養子である弘子さんが不動産と1,000万を相続し、実の子である紀夫さんたちが相続するのはそれぞれ200万のみとなりました。紀夫さんたち兄弟と弘子さんは決して仲が悪かったわけではありません。 紀夫さんは「晩年の母の面倒を弘子が数年見ていただけで、こんな結果になってしまうなんて」と、悲しい気持ちと憤りをもって、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

<結果>

弁護士を立てて、遺留分(相続人が取得できる相続の最低限の割合)の請求をするにしても、調停をしていくにも、最低でも50~100万円の費用が必要になるとことをお伝えすると、紀夫さんは、兄弟で争うのも気分が悪いので、遺言に従うことを決心されました。

これまで紀夫さんの立場でお話を進めてきましたが、弘子さんの立場で推測すると、数年間お母様と同居して介護してきた苦労が報われたいという思いや、住んでいた家を遺産分割で売却して分けることになってしまうかもという不安があったかもしれません。

残された遺言によって、相続人に大きな影響を与えることをご理解いただたのではないかと思います。

遺言を作るのをためらう間に、
入院中だった推定被相続人が亡くなってしまった

次は、遺言のタイミングを逃してしまったために、多くの財産を遺贈してもらえる立場のはずが、結局何も遺贈されなかったという残念な結果になってしまった事例をご紹介いたします。

公夫さん(仮名)には、長い間介護を続けていた、入院中の義理のお母様、サクさん(仮名)がいました。

公夫さんはある日、「病室で遺言を作成したので、取りに来て欲しい」とサクさんから連絡を受けました。そして病院でサクさんから、「6000万ほどある財産を、一番面倒を見てくれた公夫さんにすべて遺贈したい」という内容の遺言を受け取りました。

サクさんの旦那様はすでに亡くなっており、子は3人いましたが、そのうちの1人である公夫さんの妻は1年ほど前に、病気で亡くなってました。
よって、本来の相続人は、サクさんの2人の子ということになります。

しかし、その2人の子はどちらも遠方で住んでおり、連絡もあまり取らず疎遠がちだったこともあり、サクさんは妻の死後も介護を続けてくれた公夫さんに財産を遺贈したいと思い、自筆遺言を公夫さんに手渡した、という流れでした。

公夫さんは、遺言について詳しいことを、専門家に相談しようと考えて当事務所へいらっしゃいました。

まず、当事務所の方でサクさんの遺言書を拝見させていただいたところ、残念ながらその自筆証書遺言は法的な形式を満さない、無効なものであることがわかりました。
そこで、病院でも公正証書遺言は可能ですから、すぐに公証人を手配して遺言を法的に効力のあるものに作り直すことをご提案いたしました。

公夫さんは、まず遺言を作り直した方が良いかどうか、サクさんの本来の相続人である2人の子に聞いて、その後にサクさんに公正証書遺言の作成をお願いしようと思っていました。
しかし、サクさんの子2人とは思うように連絡が取れず、そうこうしているうちに1か月のほど時間がたってしまい、その間にサクさんは容態が急変して亡くなってしまいました。

<結果>

サクさんの子2人は、行政書士・司法書士に手続きを任せました。
そして結局のところ、公夫さんにはまったく財産の分配はないということです。
公夫さんは当事務所に再度ご相談に来られたので、特別受益分など裁判所を通じて主張するのであれば、信頼できる弁護士のご紹介もできることを伝えましたが、公夫さんは諦めることを選択されました。
結局、被相続人であるサクさんの希望が実現されないことになり、非常に残念な結果となってしまいました。

こんな方は、ぜひ事前に相談を!

  • 推定相続人が複数おり、遺産相続が心配な方(特に推定被相続人と同居している方)
  • 養子や前妻の子など、推定相続人にほとんど面識の無い人がいる方
  • 入院中の推定被相続人に、遺言を書いておいてもらった方が良いと思う方
  • 遺産分割で争いになってしまった時、最低限の相続分を確保したい方

遺言書の作成:関連項目

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。