浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

遺言書のメリットとは

生前に遺言書を作成しておくことの大きなメリットを2つご紹介します。

相続問題などを避けるために、遺言を残すことは大変有効な対策です。
遺言書の効力についてきちんと把握しておきましょう。

1、遺産分割協議

遺産相続では、相続人による遺産分割協議が不要になる遺言がない場合、基本的に相続人が遺産相続に関して協議を行います。
そして遺産分割協議で相続人全員の合意を経て、実際に遺産の配分が行われます。

しかし、相続人全員が足並みを揃えて遺産分割協議を進めることは、意外と困難なことです。

遺産分割協議で一人でも首を立てに振らない相続人が現れると、いわゆる遺産相続争いに発展してしまう可能性もあります。
「ウチのところには、遺言書なんて大層なもの必要ないだろう」
と遺言書を残さなかった方ほど、後々相続争いが起こってしまうことが多いようです。

自らの死後、残される相続人にどのように財産を分けて欲しいかを明確に書き残しておけば、こういった相続のトラブルを防ぐことにつながります。
これは相続人(残される親族)への配慮ともいえます。
相続では自分の子供以外に、子供の配偶者やその両親、自分の兄弟やその関係者など、様々な人間関係が複雑に絡みます。
遺言書を残すことで、親族達の関係を平穏に保つ対策となります。

2、自分の好きなように財産を分けたい

自分の好きなように財産を分けたい場合は、その財産と配分などを遺言書に明確に書き記し、生前対策をしっかりととっておけば、大抵は自分の意思通りの相続をさせることができます。

たとえば、次のようなケースが考えられます。

  • 「配偶者に、財産の全部を相続させたい」
  • 「法定相続人ではないが、大変お世話になった方がいるのでその人に遺産を残したい」
  • 「他の相続人よりも多めに遺産を残してあげたい、特定の相続人がいる」
  • 「自分の会社の事業承継の方針をはっきりさせ、従業員の雇用を守りたい」

他にも、「認知していなかった子を、遺言により認知する」という身分行為も実現できます。

ただし、後の紛争を防ぐためにも、相続人の遺留分(相続人が取得できる相続の最低限の割合)については十分に考慮する必要があります。
遺言作成の際は、さまざまな状況を想定し、専門家のアドバイスなどを得ながら書くことをお勧めいたします。

遺言書の作成:関連項目

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。