浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

遺言書とは

遺言書とは、一般的に「ゆいごん」と呼ばれているもので、だいたいどのようなものなのかは、多くの方がご存知だと思います。
遺言書は、自分の死後に残る財産(遺産)を誰にどのように分けるか等を、生前に書き記しておくものです。

しかしだた書いておけばよいというものではありません。
実は遺言を残すためには民法によっていろいろな決まりごとがあり、法律の形式に沿って正しく作成する必要があるということは、意外と知られていないようです。
法律に沿っていない遺言は、無効になる可能性もあるのです。

これから法律に則った遺言書の種類や書き方、遺言を残すことによる良い点などを説明していきます。

最近の傾向では、公正証書遺言を作成する方が増えているようです。
公正証書遺言は遺言の実効性をより確実にするために最適な遺言方法です。
公正証書遺言の作成についてのご説明は、公正証書遺言の作成についてをご覧ください。

遺言の重要性を充分に確認していきましょう。
相続人の皆さまで、当事務所へご相談にお越しいただく事もお勧めいたします。

遺言書の作成:関連項目

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。