浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

戸籍の種類

戸籍の種類は、大きくわけて現在戸籍(現戸籍)、除籍、改製原戸籍の3つがあります。順にご紹介いたします。

現在戸籍

現在、役所で戸籍謄本を請求すると、通常はこの戸籍を渡されます。 ちなみに戸籍を請求する際「謄本」と「抄本」とがありますが、これらの違いは「謄本」は戸籍全体の写しのことであるのに対し、「抄本」はそのうち一人だけの写しのことを指します。 故人の戸籍の請求の際は、必ず「謄本」を取る必要があります。

除籍

成人すると自分の戸籍を作ることができます。また、結婚するときも新しい戸籍を作ります。 このように、新しい戸籍を作るために親の戸籍から抜けると、除籍となります。 また、死亡した時も除籍されます。

相続の手続きのために戸籍収集を行う際には、除籍された相続人の除籍謄本を集める必要も出てきます。

改製原戸籍(かいせいげんこせき)

戸籍法が変わる前の、古い戸籍を改製原戸籍といいます。改製原戸籍には、戸籍簿の表紙の右欄外に「改製原戸籍」と記されています。 戦後、昭和23年式戸籍になった前のもの、平成6年の法改正でコンピュータ化された以前のものなどがあります。 ちなみに、専門家の間では専ら「はらこせき」や「はらこ」と呼ばれています。

時代による戸籍の種類

戸籍制度は、明治5年に開始されてから5回の改正がありました。 ここでは皆様が戸籍収集の際に出会う可能性のありそうな戸籍を、最近のものから4つ、順にご紹介いたします。

昭和23年式戸籍

「家」だった戸籍の単位が「家族単位」に変更になりました。また、「戸主」が「筆頭者」へ変更になり、「華族」「平民」といった身分呼称が廃止されました。 実際に昭和23年式戸籍に変わったのは昭和32年から昭和40年くらいの間のこととなります。

大正4年式戸籍

「戸主トナリタル原因及ヒ年月日」という欄がなくなり、戸主の事項欄に記載するようになりました。 大正4年式戸籍の戸籍収集の必要が出てくる場合は、かなり複雑な相続手続きになることが多いと思われます。

明治31年式戸籍

戸籍の一枚目に「戸主トナリタル原因及ヒ年月日」欄が新たに設けられました。 明治31年式戸籍は、筆によって昔の言葉で書かれた、読み解くのが大変困難な戸籍です。 戸籍収集の際に、ここまで古い戸籍に出会ってしまったら、まず専門家にご相談いただくことをお勧めいたします。

相続人調査と相続財産調査:関連項目

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。