浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

法定相続人とは

法定相続人とは、民法の規定によって定められた、相続する権利のある人のことです。 被相続人の配偶者は常に相続人となりますが、配偶者の相続分は、他の相続人の順位に応じて異なります。

第一順位

法定相続人の第一順位は直系卑属(被相続人の子や孫など)です。

被相続人の配偶者と、それらの子どもが相続人の場合は、配偶者と子どもの相続分はそれぞれ二分の一となります。また、子どもが一人でない場合(兄弟姉妹がいる場合)は子どもの相続分である二分の一を、子どもたちで均等配分します。

被相続人の子どもが既に亡くなっているか、廃除や欠格により相続の権利を有していない場合、それらの子(被相続人の孫)が代わりに代襲相続することになります。

また、嫡出子だけでなく、非嫡出子、養子、胎児なども「被相続人の子ども」として相続分を有します。ただし非嫡出子の相続分は嫡出子の二分の一となります。

第二順位

法定相続人の第二順位は直系尊属(被相続人の両親や祖父母など)です。

被相続人の父母が法定相続人となるのは、被相続人に子どもや孫などの直系卑属(第一順位)にあたる者がいない場合に限ります。

被相続人の配偶者と、被相続人の親が相続人となる場合は、配偶者:三分の二、親:三分の一がそれぞれの相続分となります。 父母ともに健在のときは、親の相続分である三分の一をそれぞれに均等配分します。

被相続人に子どもや孫などがおらず、両親ともにすでに亡くなっている場合は、祖父母が相続人となります。さらに祖父母も亡くなっている場合は、曾祖父母が相続人となります。

第三順位

法定相続人の第三順位は被相続人の兄弟姉妹や甥・姪などです。

被相続人の兄弟姉妹が法定相続人となるのは、被相続人に子どもや孫などの直系卑属(第一順位)と父母や祖父母などの直系尊属(第二順位)にあたる者がいない場合に限ります。

被相続人の配偶者と被相続人の兄弟姉妹が相続人となる場合は、配偶者:四分の三、兄弟姉妹:四分の一がそれぞれの相続分となります。

兄弟姉妹が複数いる場合は、兄弟姉妹の相続分である四分の一をそれぞれに均等配分します。

被相続人の兄弟姉妹で亡くなっている人がいる場合は、それらの子ども(甥や姪)が一代に限り代襲相続します。

相続人調査と相続財産調査:関連項目

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。