浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

戸籍収集と相続人調査について

相続人調査とは、法定相続人(相続する権利がある人)が誰であるのかを確定するための調査です。戸籍謄本を確認して、相続人調査を行います。

被相続人(故人)が、ご自身の親や親族の場合、「相続人は明らかなので、相続人調査などするまでもない。戸籍謄本を集める必要もない」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、相続手続きにおいて戸籍が必要となる場面は大変多くあります。相続手続きにおいて、戸籍収集は必ずと言って良いほど付きまとうことになります。預貯金の解約・名義変更をするにも、相続登記(不動産の名義変更)をするにも、戸籍を集めて関係機関に提出することになります。

ですので、戸籍収集(相続人調査・確定)は、金融機関の口座名義の変更や、不動産の名義変更などの相続手続きを進める上でも、必要なことと言えます。

戸籍収集を行うと、ときとして、次のような思いもよらぬ事実が明らかになることがあります。

  • 被相続人が前妻との間に子供を設けていたことが判明した
  • 被相続人には子供がおらず、また被相続人の両親は既に亡くなっていたため、被相続人の兄弟とともに相続することになったが、兄弟もすでに亡くなっていたため、その子供たち(甥・姪)にあたる代襲相続人が10名以上もいることが判明した。
  • 被相続人が相続税対策のために養子縁組を結んでいた
  • 被相続人と愛人との間に子供がいた。さらに、戸籍上に認知の記載があったため、実子と同じ相続分を持つことが判明した

このようなことが判明することがあるので、きちんと戸籍収集をして法定相続人をはっきりさせることは重要なことなのです。

戸籍収集が複雑になるケースも、めずらしくありません

例えば、相続した不動産が実は亡くなった親の名義ではなく、ずっと以前に亡くなっている祖父や祖母の名義のままになっていた場合には、その祖父や祖母の出生から死亡までの戸籍収集をしなければならないのです。

戸籍収集でお悩みの方は、まずは私たち専門家に、お気軽にご相談ください。

相続人調査と相続財産調査:関連項目

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。