浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

相続人調査と相続財産調査について

実際に相続手続きを始められた方の多くが、一番始めに「難しい」と感じるのは、おそらく相続人調査だと思います。相続人調査は、戸籍謄本の収集、そして相続関係説明図の作成を通じて行うことになります。 誰もが “親から子供へ” といった簡単な戸籍であるとはかぎりませんし、銀行の金や土地・建物の名義変更には、戸籍謄本が必要となります。 時には古く難解な戸籍を読み解き、相続関係を明確にしなければならないケースもあります。

また最近では、下記のような悩みを持つ方も少なくありません。

  • 被相続人との面識が薄く、相続財産の全体像が分からない
  • 兄弟間の仲が悪く、たまたま亡くなった両親と同居していた兄弟が預金通帳を握っていて開示を拒んでいるため、相続財産がどれくらいあるのか分からない
  • 相続人のひとりが、法要の費用やその他の費用を理由に相続手続きを仕切ってしまって、どんな状況なのか、どれくらい財産があるのか分からない

このような場合は、是非とも私たち相続手続きのプロにご相談ください。行政書士は裁判業務の支援や交渉ごとは出来ませんが、協議分割に向けて財産調査とその財産目録を作りあげることは可能ですし、そうした資料をもとに、協議分割ができる体制を整える事も可能です。

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。