浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

被相続人(故人)が生命保険に加入していた場合には、保険金は残された家族の生活の支えとなります。 保険金の受取の請求は、なるべく早めに行う方がよいでしょう。

しかし、保険の加入条件によっては、保険金を受け取れないことも考えられますので、生命保険の加入条件は必ず確認してください。

被保険者が亡くなってから、遺族が保険金を受け取るまでの流れを次にまとめましたので、ご覧ください。

  1. 被相続人が亡くなる(生命保険金受け取り事由の発生)
  2. 「保険契約者」や「保険金受取人」が、電話や書面などを使用し、保険会社に被相続人の死亡を伝える
  3. 保険会社から必要書類の案内と保険金請求書が送付される
    【保険金請求に必要な書類】
    • 請求書
    • 被保険者の住民票
    • 保険金受取人の戸籍抄本
    • 保険金受取人の印鑑証明
    • 医師の死亡診断書または死体検案書
    • 保険証券 他
  4. 保険金の受取人が請求手続きを行う(必要書類などを保険会社に提出)
  5. 保険会社が書類を確認し、支払の可否を判断
  6. 保険会社より保険金が支払われる

※未返済の契約者貸付金等がある場合は、保険金からその元利金が差し引かれます。

このように一連の流れを見ていくと、死亡保険金の受取り申請から、実際に保険金を受け取るまでの手続きは、意外と簡単に見えるかもしれません。 しかし注意しなければならないのは、生命保険は遺産相続と複雑な関わりを持っているという点です。

例えば、被相続人が、生命保険の契約者本人だった場合と、被保険者(親族などから生命保険をかけられていた人)であった場合とでは、扱いが異なります。

被相続人が保険の契約者本人であり、受取人でもあった場合には、保険金は相続財産(被相続人の財産)になります。 このとき相続人が複数いる場合、保険金の受取について遺産分割協議が必要となります。

また、被相続人が保険の契約者本人であり、受取人が本人以外(妻や子など)であった場合には『保険契約者としての地位』が相続財産になります。 保険契約を継続したい場合、この地位を誰が引き継ぐかについて、遺産分割協議が必要となります。

さらに、上記のように契約者と受取人が誰かにより、保険金を受け取る際に発生する税金の種類(相続税や贈与税、所得税など)まで異なってきます。

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。