浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

遺族年金には、遺族基礎年金、遺族厚生年金、寡婦年金があり、またこれに関連するものとして、死亡一時金があります。

死亡一時金は、3年以上国民年金の保険料を納めてきた人が、老齢基礎年金、または障害基礎年金のいずれも受け取らないうちに亡くなってしまった場合、生計をともにしていた家族(遺族)に支払われるものです。

これら相続の際に発生する年金は、自動的に支払われるものではありません。 受給の権利を有する人が自分で請求を行うか、または専門家に請求の依頼をするなどして、年金の受給のための手続きを行わなければなりません。 なお、請求用紙は社会保険事務所で取得することができます。

遺族年金の受給手続き

遺族年金の受給に最低限必要になる書類は、次のものがあります。
※亡くなった方と受け取る方によって、必要な書類が異なります。

  • 年金手帳、基礎年金番号通知書、年金証書
  • 戸籍謄本
  • 住民票
  • 死亡診断書
  • 健康保険の被保険者証
  • 源泉徴収票または所得の非課税証明書等

未支給年金の受け取り

未支給年金は原則年6回、偶数月にそれぞれの月の前月2カ月分が支給されます。

年金は年金受給者が死亡した月分まで支給されることになっています。ですから未支給年金は、年金受給者の死亡した月の年金となります。

【未支給年金が受給可能な遺族】

年金受給者の死亡当時、年金受給者と生計をともにしていた配偶者、子、父母、孫、 祖父母または兄弟姉妹の順となります。

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。