浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

最初の手続き

相続に関する、最初の手続きについてご説明いたします。 相続が開始された時とは、被相続人が亡くなった時となります。 ですので、相続が開始してから最初にとる手続きは、死亡届の提出ということになります。 被相続人の死亡後、7日以内に医師の死亡診断書を添えて、該当する市区町村に被相続人の死亡届を提出します。

期限のある手続き

相続が始まると、さまざまな行政上の手続きが必要になります。 その中でも、申請などに期限のある手続きがありますので、注意が必要です。 下記より、期限がある手続きについて、行政機関に届出るときに必要な書類や期限、注意事項などをご紹介いたします。

相続放棄・限定承認(期限:3ヶ月以内)

相続を放棄する相続放棄、相続財産を条件付きで限定的に相続する限定承認を行う場合、相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内に、家庭裁判所に申立てしなければなりません。 ですから、相続開始からおよそ2ヶ月目には相続人調査と財産調査が完了していることが望ましいと言えます。

相続放棄と限定承認につきましては、別のページに詳細を記載しております。

所得税(消費税)準確定申告(期限:4ヵ月以内)

準確定申告は、被相続人が個人事業主であった場合や、不動産所得(不動産の賃貸)等の収入があり、翌年に確定申告の必要がある場合、相続人が全員共同で被相続人の確定申告を行うことです。

準確定申告は、相続が開始したことを知った日の翌日から4ヶ月以内に税務署にて申告を行わなければなりません。 このときの計算期間は、その年の1月1日から被相続人が亡くなった日までとなります。

相続税の申告・納付(期限:10ヵ月以内)

相続税は、相続が開始したことを知った日の翌日から10ヶ月以内に、税務署に申告しなければなりません。

相続税は、期限内に申告を行うことで控除を受けることができ、相続税を支払う必要がなくなることもあります。しかし、この期限を過ぎてしまうと、小規模宅地の特例など、大きな控除が受けられなくなりますので、注意が必要です。

「手続きの期日が迫っているが、思うように手続きを進められなくて困っている」という方は、すぐに当事務所へお問合せください。

お電話が苦手な方でも安心なメールフォームもございます。