浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポート

浜松に地域密着。
相続に強い司法書士事務所です。

浜松の相続・遺言・不動産に関する総合サポートで
お客様の悩みを早期解決します。

無料相談のご予約はこちら

浜松出身。
相続関連の専門家

皆さまにとって親しみやすく
気軽に相談できるパートナーでありたい。

大木愛優美のプロフィール

遺産相続に関する無料相談・お問合せはお気軽にどうぞ

遺産相続の流れ

遺産相続というと、皆様はどのような手続きがあるかご存知でしょうか。土地・建物の名義変更、預貯金の名義変更(解約)、相続税の申告などが挙げられると思います。しかし実際に相続手続きを始めてみると、名義変更等の前に行わなくてはならないことがたくさんあります・・・

相続税の申告

相続で財産を受け取った人は、その相続の開始があったことを知った翌日から10カ月以内に、税務署に申告書を提出して、納税しなければなりません。「相続の開始があったことを知った」というのは、遭難や海外にいて連絡が取れない場合は除かれ、被相続人が亡くなった事実を知ったときのことをいいます。

当事務所では、多数の専門家がノウハウを蓄積してお客様の遺産相続を丁寧にサポートさせていただきます。まずは、初回の無料相談をご活用ください。

急な相続でお困りな方は当事務所へご相談ください。

相続が心配な方へ

今後、起こりうる遺産相続がご心配な方も多くいらっしゃると思います。 こうした相続がご心配な方に対して、当事務所では、事前に出来る様々な対応や対策を なるべく分かりやすく解説させていただきます。

相続が開始した方へ

相続が開始した場合、法律で手続きの期限が決められているものもありますので、ひとつずつしっかりと確認していかなくてはいけません。相続開始の日は、被相続人の方が亡くなった日です。相続が始じまると一定期間に必要な手続きを進めていく必要があります。

相続のお任せプラン

当事務所では相続手続きのお得なお任せプランをご用意しております。まずは、無料相談にてどんな手続きとなるのか、費用がどれくらいとなるのか、手続きの全体像をつかんでいただければと思います。お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

不動産を相続するにはどうしたらよいの?
不動産(土地・建物)を相続するには、被相続人名義の不動産を、相続人名義へ変更する必要があります。名義を変更する手続きは、遺産分割協議を済ませてから進めます。
相続した不動産を売却するにはどうしたらよいの?
相続した不動産を処分したくても、相続登記が完了していないと売却する事ができません。登記名義人が被相続人(亡くなった方)のままだと、現在の所有権者が確定できないからです。原則として、相続財産は相続人の共有物となりますから、特定の相続人が「自分が相続した」と言って売却しようとしても、他の相続人全員の同意が得られていなければ(遺産分割協議書等が必要)、本当の所有者(売主)の意思であるとは言えません。したがって、その不動産の現在の所有者(売主)を確定するために、相続登記(不動産の名義変更)が必要となります。
不動産の相続をしたくない場合はどうしたらよいの?
まずは相続方法を決定しますが、相続方法は相続財産の調査が終わったうえでの話となります。相続財産が分からないと、相続・放棄の判断もできません。どのような手続きを踏めば良いか分からないという方は、まずは当事務所にご相談ください。

相続が心配な方へ

今後、起こりうる遺産相続がご心配な方も多くいらっしゃると 思います。 こうした相続がご心配な方に対して、当事務所では、 事前に出来る様々な対応や対策を なるべく分かりやすく解説 させていただきます。 ここでは、「遺言書」の活用と、「任意後見制度」について、 「死後事務委任契約」についてご案内させていただきます。

遺言書は、遺言を作成する本人の最終意思を相続人に伝えるもの ですので、 遺言書によって遺産の全体または個々の遺産を誰が 受け継ぐか、自らの意思を相続人に伝えることができます。 もめなければ、遺言書を書く必要がないと思われている方も多い のですが、財産を誰がどれだけ相続するというのは、相続人となる方、 それぞれ認識が違いますし、相続でトラブルとなる原因のひとつには 相続人の妻や夫が配偶者の相続に入れ知恵をしてくる事も要因と なります。先々の事は分かりませんから、子供たちのことを考えて 何をどう分けるのか残しておくことは非常に大切になります。

任意後見制度とは、将来、認知症や障害になってしまって、自分の判断 能力が低下してしまったときに、自分の一番信頼している人に後見人に なってもらい、生活における重要な判断や生活の節目を看てもらう 制度のことを言います。 誰に任意後見人になってもらうかは、ご本人様が決めることが出来ます。 これは、ご本人様が一番信頼できる方が良いと思います。任意後見人 となる方には、財産管理から施設への入所など、様々な重要事項を 支援していただく形になると思います。いずれ人は誰しも老いるもの ですから後見制度は必ずやってくる“その時”のための老支度となります。

委任契約は通常、死亡によって終了するとされていますが、 ここでご紹介させていただく死後事務委任契約は、当人の死後も 有効に契約の効力を発揮することが可能です。死後事務委任契約の 対象は、本人の相続財産の処分ではありません。本人の死亡後に、 発生する事務手続きが中心となります。 内容としては、①役所への手続き、②葬儀の手続き、③年金の手続き、 その他、となります。やはり葬儀がメインであると思いますが、 葬儀の費用や手配で迷惑を掛けたくないはこちらをご検討ください。

遺産相続に関する無料相談・お問合せはお気軽にどうぞ